エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジin水戸

開催概要

「みとれる水戸」をみつける3日間
日本をリードする著名人と知の交流を行います

「エンジン01文化戦略会議」は、各分野で活躍する文化人、知識人、芸術家などが、日本文化のさらなる深まりと広がりを目的に参集したボランティア集団です。

エンジン01文化戦略会議が主催する年間最大規模のイベント「オープンカレッジ」を開催し、講師陣による講座やシンポジウム等を提供することで、市民が講師と知の交流を行い、創造的な活動の発想やヒントを得ることにより、地域文化の活性化を図ることを目的とします。

エンジン01とは



『オープンカレッジ』とは

毎年1回、エンジン01文化戦略会議の会員のうち100名以上が、ボランティア講師として地方都市に集結し、3日間にわたって地域の人々と知の交流を行います。

市民向けに、様々な趣向を凝らした講座やイベントが繰り広げられるとともに、開催2日目の夜には講師陣が酒食を交えて市民と懇談の場を持つ「夜楽(やがく)」を実施します。
将来にわたり展開しうる地域活性プロジェクトを視野にいれた大会テーマを掲げ、単なる一過性のイベントではなく、会員と地域の継続的な関係を維持しながら、水戸の地域資源の魅力を発信する仕組みを構築していきます。

エンジン01文化戦略会議
オープンカレッジ in水戸

日時
平成29年2月17日(金)から19日(日)までの3日間
会場
茨城大学(水戸キャンパス)、茨城県立県民文化センターほか
主催
エンジン01文化戦略会議
共催
エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin水戸実行委員会

<主なプログラムと予定会場>

1日目 2月17日(金)
オープニングシンポジウム(茨城県立県民文化センター)
2日目 2月18日(土)
講座・ハローワーク(茨城大学水戸キャンパス)
夜楽(水戸市内飲食店)
3日目 2月19日(日)
クロージングシンポジウム(茨城県立県民文化センター)

開催プログラムを見る  
ハローワークプログラムを見る  
夜楽プログラムを見る